ラストスパート用ポートフォリオの運用状況(2021年4月)

運用状況

こんにちは、老後に向け米国の高配当株投資でラストスパートをかけているArakanです。

第2回目となる4月の運用状況報告です。

投資口座残高

2021年3月31日 $65,387.74 → 2021年4月30日 $88,796.75

$23,409.01の増加でした。

といっても、これ全てが投資による増益という訳ではありません。

4月は、他の銀行にあったRoth IRAやSEP IRAの口座から一部の資金を証券口座にトランスファーしたため、元本が増えました。これに毎月の積み立て拠出分を合わせると$22,153.41。

これらを差し引いたネットの投資益は$1,255.60です。

まだまだですが、体を動かしてこれだけの収入を得ようとすればそれなりに大変ですし、銀行に預けておくことを考えれば大満足です。

配当金

4月は配当金の分配はありませんでしたが、株を少し買い増したので、年間の配当金の支払い見込み額が少し増えました。

いつもこれを見るとやる気がでてきます。

毎月これくらいの配当金がもらえるようになるのが当面の目標です。

銘柄の動き

今月は、中旬に新型コロナ・ワクチンの一時使用停止で【JNJ】が落ち込みましたが、比較的迅速に回復。

また、下旬からはバイデン大統領が富裕層を対象にした増税案を発表したことなどで全般的に市場が低調で、【IVV】や【SCHD】などは伸び悩みましたが、その時々で個別銘柄たちが健闘してくれました。

ビットコイン関連は、高騰から一挙に暴落後、また少し回復。予想していたとはいえ、ボラティリティが高いですが、あまり振り回されず、長い目で大きな成長を期待したいです。

タイトルとURLをコピーしました