ダイアモンド・ハンズを持つ投資家とは

リタイアメント投資

こんにちは、老後に向けて投資でラストスパートをかけているArakanです。

今日、ビットコインの大暴落を受けてテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が下のツイートをしたことで、初めてダイアモンド・ハンズ(Diamond Hands)という言葉を知りました。

💎 🙌 でダイアモンド・ハンズと読み、「どんなに下がっても絶対に売らない」という決意を意味するそうです。投資家のスラングとして、TwitterやRedditなどではよく使われているらしいですが、Arakanはみたことがありませんでした。

さらに、ダイアモンド・ハンズに対して、ペーパー・ハンズというのもあるそうです。こちらは、少し株価が下がるとすぐに売ってしまう人のこと。これに絵文字があるのかどうかはわかりませんが、どちらもその人のリスクに対する許容度を表すのですね。ダイアモンドの手を持っている人はリスクテイカーですが、下がっても踏ん張って持ち続ければ最後には高騰してダイアモンドを掴むといった感じなのでしょうか…。Arakanの投資スタイルは基本的にバイ&ホールドなので、そういう意味では「I have 💎 🙌 」といえるのかもしれません。

また、株価が「絶対上がる」または「上がって欲しい」という時には「to the moon!」という言葉が使われます。絵文字にすると 🚀 です。これは、実際に株価が大きく高騰した時にも使われます。今では、投資の世界でもコミュニケーションには絵文字が欠かせないものとなっているのですね。

それにしても、最近のように相場が下がり続けると、Arakanも、🚀🚀🚀🚀(上がれ〜)🚀🚀🚀🚀(上がれ〜)とたくさんロケットを並べたくなってきます。

タイトルとURLをコピーしました